介護職の具体的な内容や就職状況について調べてみました!

介護の仕事ってどういうことをするの?

介護の仕事内容って知っているようで知らない人も多いんですよね。具体的には高齢者や障害者の方の身体介護、調理や身の回りの整理整頓などの生活サポート、また、レクリエーションなどのメンタルケアそして利用者だけでなく、その家族との介護の方法についてや、介護器具の使い方などの相談業務と幅広い仕事内容になっています。施設で働く場合は、チームでケアをするので、マネジメント能力も求められます。大変ですがやりがいのある仕事でもありますよね。

介護の仕事に向いている人ってどんな人?

介護職は求人も多く、すぐに仕事に就ける印象があるけれど、それでは誰でもできる仕事なのかしら?と思いませんか。介護職に向いている人とはどんな人なんでしょう。まず求められるのは、人と関わることが好きな人。介護の仕事は高齢者や障害を持った人との関わりです。なかにはコミュニケーションをとりづらい人もいると思いますが、人と接することが好きな人というのが基本だと思います。また、利用者さんだけでなく、他のスタッフとも連携しなければできない仕事ですので、そういった意味でもコミュニケーションが得意な人が歓迎されるんですね。

介護職につくのは難しいの?

介護業界は慢性的な人手不足と言われています。実際に求人の状況を見ても介護職は他の職種よりも一人当たりの求人が多いんです。しかも、これからは今以上に高齢者が増え、介護職員が必要になると言われているので、介護の仕事を希望する人にとっては心強い状況ですね。また、働らき方もがっつり正社員から、パート、バイトなど、自分の生活に合わせて選ぶこともできるし、就職先も施設での介護だけでなく、訪問介護やデイケアなど自分の性格にあった職場を選べるところが魅力ですね。

介護の求人を東京で探す際には、給料や勤務時間などの基本的な情報に加え、職場環境といった詳細な情報も積極的に把握しながら探すことがポイントです。