一人じゃない!みんなで助け合う子育てと仕事の両立

子育ても仕事もどっちも生きがい!

出産でそれまで全力を尽くしてきた仕事から離れ、仕事では味わえない喜びを味わうことができ、これからの自分を見つめ直す人生の分岐点に立つあなた。家計を助けるべく収入を得たい。子育てをしながら、社会に出て必要とされたい。自分の好きなことで仕事がしたい。けれども、子育てと仕事の両立は容易なことではありません。子どもを保育園に預けるにしろ、それなりの準備や、毎日やらなければならないことが盛り沢山です!では、子育てと仕事どちらも充実されるにはどうしたら良いのでしょうか。一人の力では難しくても、周囲の力を上手く借りることが出来れば、決して難しいことではありません。

まずは一番身近な人の理解

一番身近な人とは、そう夫ですね。あなたが「働きたい!」と言えば、きっとほとんどの旦那さんがYes、と答えてくれるでしょう。けれど、外で働く許可を得ることよりもっと大切なことがあります。それは妻が働くために、夫がちゃんと協力をする意思があるのかということです。家事や子育てをしながら働くことは決して一人では出来ません。今までそれらを全て妻に任せてきた夫は、妻が外で働く分、家の仕事をいくつか引き受ける必要があります。大抵の男性はそこまで考えず、妻が外で働くことを許可し、後々こんなはずじゃなかったとトラブルになります。そうなる前に、お互い負担のないように協力してもらうという約束だけでも、事前に取り付けておきましょう!

広まりつつある職場のワーママへの理解

働くママ、通称「ワーママ」は家庭を抱えているがゆえに、どうしても仕事を第一優先に出来ないことがあります。例えば子どもが体調を崩してしまった時は保育園を休ませて家で面倒を見なければならず、仕事を休まなければなりません。また子どもの行事の日は何とかして仕事を休んで子どものために動きたいものです。そういった母親ならではの思いを受け止めてくれる職場でなければ、子育てと仕事の両立は困難です。具体的には、そういったワーママの先輩が何人かいて円満に働くことができている職場、突然自分が休まなければいけなくなった時に、自分がいなくても仕事が回るよう代替えが可能な職場、家庭の事情を受け入れてくれる雰囲気がある職場など、いくつかの条件が整ったところでないと、働くことが厳しいのが現実です。そういった職場を見つけるのは困難かもしれませんが、長い目で見ればそういった職場を見つけることがきっとあなたのためになるはずですよ。子育てを仕事、どちらも充実させるために前段階での準備をきちんとしましょう!

家事や育児をしながら働きやすいのが主婦のパートです。短い時間でもしっかりと稼ぐことも可能ですし、働き方も色々とあります。