暇な時間帯が狙い目!?元店員が教えるシフトの色々

ラッシュと呼ばれる時間帯が存在する

地域によって多少の違いはあるものの、どの店舗にも来客が集中する「ラッシュ」と呼ばれる時間帯があります。平日の場合、一番多いのが夕飯の買い物のついでにガソリンスタンドに立ち寄る主婦層と、退勤後の帰宅する途中に給油へ寄る層がバッティングする時間帯です。大体16時前後には主婦層が集中し、17時以降は会社員が集中することが多いです。その2種類の客層が同時に来る17時前後は、どこのガソリンスタンドも混みやすい傾向にあります。

とにかく暇な時間は暇

開店後から数時間は比較的暇な事が多く、スタッフも2名程度しか配置されていないこともあるほどです。朝の8時から開店の場合、会社員は出社済みまたは出社途中のため、スタンドに寄る事は比較的少ないです。主婦層の朝8時と言えば、子供の送り迎えや朝食を作ったりと家事をこなしている時間帯であることが多く、わざわざ朝早くに給油しにくる一般客は稀です。逆に閉店間際の時間帯も比較的暇な事が多く、清掃作業などと並行して営業している事もあります。

平日なら午前中シフトが狙い目

深夜営業など時間によって時給がアップする場合は別として、特に時間帯によって給料が変わらない場合は午前中シフトがお勧めです。先ほど紹介した通り、ラッシュ時間を避けやすいという理由もありますが、閉店後の片付け作業などをしなくて済むからです。朝早く起きるのが少しだけ大変かもしれませんが、朝から昼にかけて働き、午後から遊びに出かけるという事も十分可能です。生活リズムを正しくとるためにも、午前バイトはお勧めと言えます。

ガソリンスタンドの仕事は接客が中心となりますが、洗車なども行います。そのため、ガソリンスタンドでのバイトは働きやすいバイトだと言えます。